Puente de Vizcaya (運搬橋)

建築名称
Puente de Vizcaya (運搬橋) 
建築年
1893 
構造形態
橋、鉄 
使用用途
 
設計者
Alberto de Palacio 
設計者2
 
構造技術者
Alberto de Palacio 
施工者
 
専門業者
 
国名
スペイン 
住所
ビスカヤ、ポルトゥガレーテ、ラス・アリーナス 
交通手段
ビルバオの15㎞西北
ポルトゥガレーテ、ボルサ駅(ノルテ駅)から、ローカル電車を利用 
見学条件
外部:OK
内部:-- 
参考文献
①『ヨーロッパのインフラストラクチャー伊藤学編。 土木学会刊。丸善発売 1997。276貢。
②月刊『鉄構技術』 2010年7月号。IASS スペイン派構造アーティストの作品に現地に訪ねて。連載3。三瓶文彦・五十嵐隆識。企画・監修=川口衛。 62貢ー65貢。 
メモ
車やフェリー、ボートの乗客のためにかけられた橋で、この種類の一般的な名前は、『運搬橋』である。
橋桁は、1937年の内戦のときに破壊され、1943年に修復された。
スパン:164m 運搬橋
河岸間:160m 
撮影日:1994年9月14日④-116 
« 前のページへ戻る